フラダンスの上達につながる基本テクニック

フラダンスの基本姿勢、あなたは大丈夫?

フラダンス基本姿勢

基本姿勢はとても重要です。ちょっと気を抜くと前屈みになっていたりということがよくあります。初心者さんに限らず、経験のある人も再確認してみましょう。

フラのスタンス(立ち方)

スタンスはクムや通われているハーラウ(フラ教室)によって様々だと思いますが、ここでは基本的に共通していることを書きたいと思います。

つま先と膝の関係

左右の足の間を開け(これもハーラウによって色々だと思います。)、つま先は真っ直ぐ前に向けて立ちましょう。そして膝を軽く曲げます。

そのときにつま先が外に向いていると、膝の向きも外側に向いてしまうので要注意です。

フラは膝を交互に屈伸して重心移動して腰の動きを動かすので、膝が外に向いてしまうと重心の移動が正確に腰に伝わらず、正確なベーシック(基本ステップ)が出来なくなってしまいます。

上からみた膝とつま先
フラダンス基本姿勢正面から見た膝とつま先

膝を曲げても背中は床から垂直

今度は背中です。膝を曲げた時に背中が前屈みにならないよう注意します。背筋は床から垂直に。

フラダンス基本姿勢

また、背中が垂直でもお尻が極端に後ろに突き出ないように注意。下の写真のようにお尻が後ろに突き出ていると足の付け根が奥に引っ込んでしまい、これも正確なベーシックの妨げとなってしまいます。おなかから足の付け根までは垂直に。

フラダンス基本姿勢

お尻が後ろに突き出ているかどうかを自分でチェックするには、写真のように鏡に映してお尻の下にかかとがあるかどうかチェック。

  1. つま先を真っ直ぐ前に向けて膝を曲げる。
  2. 膝を曲げても背中は床から垂直。
  3. お尻は後ろに突き出さない。お尻の下にかかとがあるかチェック。