パウスカートの作り方

【生地の選び方】パウスカート作りの第1歩

ハワイアンファブリック

パウスカート用の生地

一般的にパウスカートを作る場合の生地の種類は、ポリコットンといってポリエステル35%、コットン65%で作られた2種類の繊維による混紡の生地を用います。コットン100%より張りがありシワになりにくいという特徴があります。

生地の幅は110㎝です。

柄の種類

柄には大きく分けて「総柄」と「ボーダー」の2種類あります。それぞれスカートに仕立てた時の柄の出方が違ってきます。お店で購入するのであれば生地を手でたぐり寄せてイメージすることが出来ますが、ネットでの購入の場合なかなか想像出来ないと思います。そこで以下の写真を参考にしていただけたらと思います。

柄の出方を予測してみる

実際は作ってみなければ分かりませんが、生地を選ぶにあたり、出来上がりの柄の出方をある程度予測できた方が失敗はありません。

前項の写真のように、まず110㎝ある幅をご自分のスカート丈に合わせて折ります。折った状態で残りの部分が表から見えるところになります。その上部がゴムが入ってギャザーが寄るところになります。ギャザーが寄るということは、柄が混み合ってきます。

総柄

総柄は一面に隙間なく柄が施されているものを言います。

ハワイアンファブリック総柄

これをスカートにすると次のような感じです。

総柄のパウスカート総柄の生地で作ったパウスカート(イメージ)

次も総柄です。

ハワイアンファブリック総柄
ハワイアンファブリック総柄の生地で作ったパウスカート(イメージ)

ボーダー

ボーダーはライン状に規則正しく柄が施されているものをいいます。ライン状の柄が1本または複数からなるものもあります。

ハワイアンファブリックボーダー

これは3本ボーダーです。これをスカートにすると次のような感じです。

ボーダー柄のパウスカートボーダー柄の生地で作ったパウスカート(イメージ)

次もボーダー柄ですが1本ボーダーです。

ハワイアンファブリックボーダー柄

 

ボーダー柄のパウスカートボーダー柄の生地で作ったパウスカート

このように柄によって様々な表情のスカートになり、出来上がりが楽しみになってきますね。

 

必要な分量

1着のパウスカートを作るのに必要な分量は4ヤードです。1ヤードは約91センチメートルですので、4ヤードはメートルに換算すると約3.6メートルです。メートルで販売しているお店でしたら4メートル購入しましょう。

価格

ハワイ直輸入の生地の価格は1ヤード当たり平均1,000円前後が目安です。