フラダンス初心者さん上達の近道

フラダンスの振付の覚え方

順序よく一つずつおぼえることから

「難しい」という先入観があると簡単なことすら覚えられません。なので「難しい」という先入観を捨てて落ち着いて先生の言うことに耳を傾けて集中してください。

まず最初のごく短い部分、たとえば最初のステップがカホロから入る踊り方でしたら、右カホロをしている時だけのハンドモーション(=手の動作)を覚えます。それが覚えられたら次の左カホロの分のハンドモーション、というように順番に頭に入れて行きます。

決して断片的に覚えるようなものではありません。断片的では踊りがつながらず、いつまでたっても踊れるようにはなりません。

そして頭と体に覚えさせるために何度も繰り返し練習します。このような繰り返しを経て初めての曲を何とか覚えられれば、徐々に覚えるのも早くなってきます。

間違える=ヘタではない
間違いを恐れないで思い切り踊ってみて!

振付けの順番を覚える時はやはり頭を使います。最初は考えながら、思いだしながら何度も何度も同じところを繰り返し練習しましょう。体が覚えるまで。
そして順番を覚えてきたらあまり頭で考えたり思い出したりせずに思い切って踊ってみましょう。

フラにゃんこ
フラにゃんこ
でも頭で考えていないと間違えちゃう。
Malulanij先生
Malulanij先生
間違えてもいいです。思い切って踊ってみて!

練習なので間違えてもいいです。間違えたからといってヘタではありません。上手な人でも間違えますよ。もし間違えたらまだ覚え切れていない証拠だから、そこを何度も練習。

スキーも何度も失敗して転んだ方が早く上達すると言われています。

間違える→練習→間違える→練習…

最初は誰でもみんなこの繰り返しです。そしてだんだんスムーズに踊れるようになり、楽しさ倍増!

Malulanij先生
Malulanij先生
私も覚えが悪かったので普通の人の3倍は練習しましたよ。

このように最初にちゃんと覚えるための練習を繰り返しておくと、覚えるコツが身についてきて、覚える速度が早くなってきます。最初は大変だけど頑張りましょう。

運動不足が解消され、ダイエット効果も!

間違えないでスムーズに踊れるようになるまで、何度も何度も繰り返し練習することで、知らず知らずのうちにかなりの運動量になり、ダイエット効果も期待できます。踊りも覚えられるし、一石二鳥ですね。

鏡や窓ガラスなどに写るご自分の踊る姿を見て練習すると、潜在的にその動作が目で見て記憶されるせいか、順番が自然に覚えられます。

鏡を見ることは順番を覚えるためだけではなく、後々手の角度やタイミングなどを確認するのにとても重要になってきます。

例えばクラスレッスンで自分だけ手の角度が低い場合、鏡を見ていないとそれに気づかず、先生に注意されてもどれくらい高さを修正したらいいかも分からないということになってしまいます。鏡を見ていれば早くそれに気づき修正できます。

どうか鏡から目をそらさないで!

フラにゃんこ
フラにゃんこ
太っているので鏡は見たくありません(汗)
Malulanij先生
Malulanij先生
スタイルを見るために鏡を見るわけではありません。振付けの形を見てくださいね。

基本的なことは次のページがおすすめです。