ビューティー講座

【アイメイク】エキゾチックで印象的な目を演出

普段より濃いめに
ホールでのステージライトや、野外では太陽の光など、強い光を浴びることが多いフラダンスのイベント。これらの強い光が当たることを考えてメイクします。

下のイラストは色のつけ方が分かりやすいように色をはっきりさせてありますが、実際にはほどよくぼかしてください。

アイシャドウ

フラダンスのメイクアイシャドウのつけ方

目を開けてもまぶたにアイシャドウの色が見えるくらいいつもより幅広にぼかします。色はブラウンまたは黒、紺など「影」になる色を目の際に濃いめにぼかす。「黒や紺」と聞くとびっくりしますが、少しずつ加減しながらぼかすとほどよい「影」の色になります。

その上に明るい茶色またはチークの色を図のようにのせると、ほりの深さと華やかさが演出できます。

薄い水色など白っぽい色やバールが強いものは、ステージライトや日光など強い光があたると反射して色が白く飛んでしまうので要注意!

アイライン

はっきり大きな目にするために、黒でラインを描きます。上のラインはやや長めに、太くなってもOK。下のラインは上のラインとつなげないよう注意。つなげると目を囲んでしまうことになり小さく見えるため逆効果。自分の好みの目になるよう長さを加減。

アイラインの引き方アイラインの引き方

アイライナーはリキッドタイプが一番くっきりしたラインが描ける。でも筆が苦手な方は、ジェルタイプならペンシルなのにリキッドのような濃いラインがスルスル描けるのでおすすめ。

まゆ毛

まゆ毛はメイクの中でもとても重要で、まゆ毛一つで顔の印象が違ってきます。

ご自分の顔とのバランスを考えて形良く描くには熟練が必要です。これまで普段メイクをしない人も、まゆ毛だけは毎日描いて自分に似合う形がいつでも描けるようにしておくことをおすすめします。

まゆ毛のバランスまゆ毛のバランス

上図のように、まゆ頭は目頭と同じライン、まゆ尻は口角と目尻を直線で結んだ延長上になるように描くのがバランスの良い描き方です。

まゆ毛の描き方濃さの順番

ハワイの人のように近づけるためには、まゆ毛の色は黒。まゆ山が一番濃くなるように、次にまゆ尻、まゆ頭が一番薄くなるようにぼかしながら色を塗って行きます。

まゆ毛は普段より色を強めに描いておかないと、ステージライトや日光など強い光があたると反射して色が飛んでしまい、まゆ毛なしになってしまうので要注意!